カバー工法

お風呂の入り口折戸の交換

お風呂の入り口の折戸が壊れて、開閉がやりにくくなっている方へご紹介。

 

浴室折戸というのは、いったん壊れたらなかなか修理がしにくいですね。

当時作成していたメーカーがなくなっていたり、部品の供給がなくなっていたり・・・

 

当社もよく折れ戸の修理依頼はいただきますが、ほとんどの場合「交換」で対応しております。

 

今回も交換で対応しました。

できるだけ、大掛かりな工事を避けるために、新しい折れ戸を今の枠の中に取り付けて行きます。

いわゆる「カバー工法」と呼ばれる工事です。

 

費用と時間を少しでも抑えながら、今のものを生かして取り付けする工事方法。

フクシマ建材(株)では、窓の交換や玄関の交換などもいろいろやってます。

 

190115 (4)

 

メリット 

 半日で工事が終わります。(費用&時間にムダが出ない)

 壁を壊さないので、防水面も安心です。

 

 

190115 (3)

 

15年以上前の浴室用折れ戸は、ガラスが入っているものが多くありました。

現在の商品は、中身が樹脂パネルになっているので、軽い!&安全!

軽い折れ戸だと、負荷も少ないので長持ちするでしょう。

 

2018年の年末にお問い合わせ頂きまして、年明けすぐに工事完了することができました。

 

 

 

お問合せはお気軽にどうぞ。御見積書提出までは無料で対応いたします。

 

 

 

写真をもっと見る

お問い合わせ

外出中は転送で携帯電話につながるようにしていますので、お客様との打ち合わせ中や現場での工事中などでは対応が難しい場合もあります。お手数ですが留守番電話にメッセージを残して頂くか、メールでお問い合わせ頂けますと必ずこちらからご連絡させて頂きます。

お気軽にお問い合わせください
ページのTOPへ