カバー工法

カバー工法で窓の交換

熊本市北区のお客様からのご依頼

 

寒さ対策で内窓のお問合わせをいただきました。

リビングは内窓を取り付けて、二重窓に。

 

ただ、このルーバー窓は交換したいとのことでしたので、カバー工法という工事で対応することにしました。

 

1803305 (4)

 

一般的なカバー工法は、今の窓を残したまま、一回り小さい窓を内側に取り付け。

 

その後、内側と外側を防水処理して、カバー材で覆ってしまいます。

ただ、今回のルーバー窓は幅が少し狭い・・・・・

この中に新しい窓を押し込んだら、とても狭くなってしまうので。

 

窓を取り外し→ほぼ同じ幅の新しい窓を取り付けすることに。

 

 

窓のまわりの壁を電動工具で切ってしまいます。

新しいサッシを取り付け

防水処理して、カバー材で切ったところを隠してしまう。

 

1803305 (1)

 

 

1803305 (3)

 

室内側も、キレイにカバー材で覆ってしまいました。

もともとのサッシは一切見えません。

断熱性能も上がって、大きなハンドルでクルクル開閉できるようになりました。

 

LIXILのサーモスⅡ-H 縦すべり窓

断熱&防犯タイプのペアガラスで、3ランクグレードアップ!(主観です)

1803305 (2)

 

 

お問合せはお気軽にどうぞ。御見積書提出までは無料で対応いたします。

 

 

写真をもっと見る

お問い合わせ

外出中は転送で携帯電話につながるようにしていますので、お客様との打ち合わせ中や現場での工事中などでは対応が難しい場合もあります。お手数ですが留守番電話にメッセージを残して頂くか、メールでお問い合わせ頂けますと必ずこちらからご連絡させて頂きます。

お気軽にお問い合わせください
ページのTOPへ