カバー工法

タイルのお風呂を改装

お風呂のリフォーム工事をご依頼いただきました。

タイルの剥がれ、割れが出てきたので、綺麗にしたいとのご要望でした。

 

以前、工事を頂いた熊本市東区のお客様からのご紹介です。

 

 

161218-3

 

タイルのお風呂は冬の寒さが応えますね。

窓もルーバータイプのシングルガラスですので、寒さが伝わってきます。

浴槽に入っていても、ヒヤーッとした空気が降りてきていたそうです。

 

ユニットバスにするのが一番効くのですが、このお客様宅は縦長のスペースなので、なかなか難しい状況でした。

浴室専用の暖房が付いているので、窓と床の寒さを防ぐ事を考えました。

 

それで提案したのが、窓の交換&壁と床の樹脂シート張り。

 

窓はアルミと樹脂の複合サッシを使ってカバー工法で工事。

1日で窓を交換しました。外壁を触らなくても工事ができるので、早くてオトクです。

 

床は発泡系の床シート、これはタイル床の冷たさをカットしてくれます。

壁はコンフォートパネル、主に意匠(見た目)がよくなりますね。

161218-1

 

161218-7

 

161218-6

 

ユニットバスほどの断熱はできませんが、費用対効果ではなかなかのものです。

手すりを追加したり、シャワーの壁掛け位置を変更したりで、使い勝手のよいお風呂に変身できました!

 

 

お問合せはお気軽にどうぞ。御見積書提出までは無料で対応いたします。

 

 

 

写真をもっと見る

お問い合わせ

外出中は転送で携帯電話につながるようにしていますので、お客様との打ち合わせ中や現場での工事中などでは対応が難しい場合もあります。お手数ですが留守番電話にメッセージを残して頂くか、メールでお問い合わせ頂けますと必ずこちらからご連絡させて頂きます。

お気軽にお問い合わせください
ページのTOPへ