サッシ屋2代目の徒然日記

出窓は結露に注意! 私の自宅の結露対策 

窓を替えてくらしを変える。

熊本県菊池市のリフォーム会社 フクシマ建材の福嶋智和です。

 

※2012年3月に書いた記事です。

多くの方に検索されて見ていただいてます。

2020年1月、追記&修正しました。

 

~~~~~~~~~~~

 

3月に入り、だいぶ暖かくなってなってきましたが今日は結露の話。

アルミ製のサッシとガラスは冬場結露してしまいます。

 

詳しい結露の話は


フクシマ建材(株) 結露のページ


で紹介していますのでご覧頂きたいのですが

 

今日は特に注意してもらいたい出窓の注意点。

 

自宅の寝室に、アルミ製の出窓があります。


出窓の作りとしては外壁から飛び出しているのが特徴ですよね。


それだけに外の寒さが直撃しやすいのです。

 

出窓結露2


アルミサッシとガラス面に一杯結露してしまってます。


実はこのガラスは遮熱高断熱のペアガラスなのですが・・・・・・・・


サッシが極端に冷たくなるのが伝播してガラスまで冷やされてしまってます。

 

プロの自宅なのに情けない(泣)

実はここまで出窓が寒さに弱いとは実感してませんでした。


出窓は物を置いたりして部屋を広く使う事ができるし、

見た目もいいですが、弱点もありますので注意してくださいね。

 

 

ここに、内窓プラストを取り付け結露が出ないように&寒さの対策をしました。

 

内窓取り付け前の結露の状態

 

€???

€

 

そして内窓プラストを取り付けた後!

 

€

€

寒さも全然ちがいますね~。

結露も一切出なくなりました!

 

やっぱり、自宅で体感すると自信を持ってオススメできますね。

 

 

プラスト ロゴ

施工実績 九州No.1 断熱・防音に優れた上質な内窓(プラスト)施工はお任せください。

 

 

 

お問合せはお気軽にどうぞ。御見積書提出までは無料で対応いたします。

 

 

 

 

お問い合わせ

外出中は転送で携帯電話につながるようにしていますので、お客様との打ち合わせ中や現場での工事中などでは対応が難しい場合もあります。お手数ですが留守番電話にメッセージを残して頂くか、メールでお問い合わせ頂けますと必ずこちらからご連絡させて頂きます。

お気軽にお問い合わせください
ページのTOPへ