防犯リフォーム

CPマークとは?

CPマークとは、 防犯性能の高い建物部品につけられるマークのことです。
CPマーク
CPマーク

CPとは、「CrimePrevention」の頭文字で、防犯を意味します。CPマークは、警察庁・国土交通省・経済産業省と民間関係団体で構成される「官民合同会議」が行う厳しい試験にパスし、住宅などの侵入に5分以上耐えられると評価された防犯性能の高い建物部品に与えられます。 対象となる建物部品は、鍵、玄関ドア、サッシ、ガラス、面格子などで、「防犯性能の高い建物部品目録」として17種類、3959品目(2009年12月25日現在)がホームページで公開されています。
基準となる「5分」という時間は、約7割の窃盗犯が侵入をあきらめるとされているものです。 ただし、5分間は目安であって、各部品により破壊に耐えられる時間には幅があります。

お問い合わせ

外出中は転送で携帯電話につながるようにしていますので、お客様との打ち合わせ中や現場での工事中などでは対応が難しい場合もあります。お手数ですが留守番電話にメッセージを残して頂くか、メールでお問い合わせ頂けますと必ずこちらからご連絡させて頂きます。

お気軽にお問い合わせください
ページのTOPへ