断熱や結露の対策

断熱・結露対策方法その2 【ガラス交換】

現在1枚ガラスのサッシがついている場合、今のサッシはそのままで中身のガラスだけをペアガラス・またはエコガラスに交換することができます。ほとんどのサッシはガラスが入っている溝幅は9ミリです。そこにアルミ製のアタッチメントを差し込む事によって12ミリのペアガラスを取り付けることができます。

アルミ製アタッチメント(AT)
サッシにアルミ製アタッチメント(AT)を差し込んでペアガラスを取り付けた断面写真

上の写真は1枚サッシにアルミ製アタッチメント(ATと呼びます)を差し込んでペアガラスを取り付けた断面です。一旦1枚ガラスを取り外し、AT付ペアガラスを組み込んですぐに建て込みます。交換に必要な時間は1窓あたり15分程度で施主様宅の全ての窓を交換したとしても工事は1日で完了します。

メリット ガラスのみの交換なので価格が安くすむ。
上下中桟で分かれているガラスも上から下までガラスへ交換できる。
工事が1日で終わる。
デメリット アルミサッシ自体の結露は防ぐことは出来ない。
網戸と多少干渉することがある。

お問い合わせ

外出中は転送で携帯電話につながるようにしていますので、お客様との打ち合わせ中や現場での工事中などでは対応が難しい場合もあります。お手数ですが留守番電話にメッセージを残して頂くか、メールでお問い合わせ頂けますと必ずこちらからご連絡させて頂きます。

お気軽にお問い合わせください
ページのTOPへ