断熱リフォーム

断熱性能・結露の原因

断熱性能・結露の原因

家の中でもっとも熱の出入りが大きいのが「窓」です。
窓の断熱性を高めることが、住まい全体の断熱性能を高める重要ポイントです。
採光・採風・意匠の為に、必要十分な大きさや種類の窓数を確保した上で、断熱性能を上げる事を考えなければなりません。
ガラスは熱伝導率が低いのですが、普通の1枚ガラスは厚みが3~5ミリ程度しかないので、外気の温度による影響をすぐに受けてしまいます。
これが、ガラスに結露が付着しやすい原因となります。

>> 「断熱性能・結露の原因」の詳細はこちらをクリック

断熱や結露の対策

アルミ製アタッチメント(AT)

1990年頃からペアガラス(複層ガラス)が開発され、シャアを伸ばしてきました。
現在の新築住宅はほとんどペアガラスになっています。
最近では、より断熱効果を高めるため、ペアガラスに組み合わせてLow-Eガラス(断熱ガラス)が使われるケースが増えてきています。
エコガラスにも夏型と冬型の2種類があります。夏型・冬型ともに非常に断熱性能は優れており、総合的な断熱性能はほぼ同じですが、それぞれ特徴があり用途、窓の位置、地域などで使い分けられています。
夏型・冬型ともに価格は同じですので、日射がよく入る場所は夏型を使い、日差しの当たらない場所には冬型を使用するとより多くの断熱効果が期待できます。

>> 「断熱や結露の対策」の詳細はこちらをクリック

真空ガラス スペーシア

お問い合わせ

外出中は転送で携帯電話につながるようにしていますので、お客様との打ち合わせ中や現場での工事中などでは対応が難しい場合もあります。お手数ですが留守番電話にメッセージを残して頂くか、メールでお問い合わせ頂けますと必ずこちらからご連絡させて頂きます。

お気軽にお問い合わせください
ページのTOPへ